オンラインFAXを上手に活用しよう!

オンライン上でFAXを送る際に気を付けたいマナー!

オンライン上でFAXを送る際に気を付けたいマナー! 通常の機器を使用してFAXを送付する場合、送付票というものを頭につけて送付するのことが一般的です。
これは、送り先へどのような意図で送付しているかを分かってもらうために付けるものになります。
これがなければ誰宛に送ったかや、どのような意図で送ったかが分からないのでマナーがないと判断されてしまいます。
通常のFAXではこの送信票を付けることができますが、インターネットを使ってのオンラインファックスではメールのような形式となるため、宛先については自由に入力できますし、担当者にピンポイントで送れるためむしろ、送信票よりも手軽に送付できます。
マナーの面においても件名を丁寧に入れることで誰にどのような意図でファックスを送っているかを分かりやすく伝えることができるのでオンラインファックスの方が良いと考えます。
また、最近は企業同士や従業員同士のやり取りでもメールが増えてきているのでそういう面においてもマナーの問題はないと言えます。

オンラインFAXはほしい情報だけ印刷ができる!

オンラインFAXはほしい情報だけ印刷ができる! 定期的に同じ書類をFAXで送信する必要がある企業は、書類が収納されている棚から、目当ての書類を見つけ出すだけで一定の時間が必要になります。
送信する書類の種類が多くなってしまうと、目当ての書類を見つけるだけで10分以上も時間がかかり、作業効率が大きく落ちてしまう事になりかねません。
そんな作業効率の問題を解決できるのが、インターネット上にデータを預けておく事ができるオンラインFAXです。
以前に送信した事のある書類データを、簡単に見つけ出す事ができるサービスだからこそ、書類の収集に時間をかける必要もありません。
社員の誰かが書類を間違った場所に収納してしまい、書類が見つからなくなるというトラブルを防ぐ事ができるのも大きなメリットです。
今送信したいと思った情報だけを限定して印刷する事ができるからこそ、書類を編集し直す作業にかかる時間を短縮する事もできます。
多くの社員のストレスを減らすためにも、オンラインFAXは役立てられています。